サブコンテンツ

利用限度額と金利の関係性

カードローンでお金を借りる場合、金利の差がとても重要になります。
少額利用で返済期間が短期なら大した影響はないのですが、借入額が大きいほど返済負担はだいぶ変わってきます。
金利は金融機関によって異なる設定になっているので、しっかりと情報収集して比較することが大切です。
一般的には消費者金融やクレジットカード会社のキャッシングと比較すると、銀行カードローンのほうが金利が低いです。
金利は利用限度額が大きいほど低くなるような仕組みなので、総量規制対象外で高限度額まで幅広く対応している銀行では金利も低めになっています。
金利は新規で申し込む際に、審査の段階で決定します。
年収をはじめ利用者の返済能力を考慮して利用限度額が決まるため、それに伴い自動的に適用金利が決定するのです。
年収が低い人や無職の専業主婦などが借り入れする場合、限度額は最低枠となり最高金利が適用されることがほとんどです。
でも逆に返済に困るほど借りすぎるリスクも少ないといえます。
インターネット上には各金融機関の金利をはじめメリットやデメリットを比較したりランキングしているサイトもあるので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。
中には無利息期間の提供で人気を集めているカードローンもあります。
各カードローン会社のホームページではシミュレーションサービスを設けているところも多くなっています。
利用予定額や利率を入力すると、瞬時に利息や返済額を試算してくれるので、返済計画を具体的にイメージしやすくなります。

このページの先頭へ